• ESTA(電子渡航認証システム)

    Electronic System for Travel Authorization

    日本を含むビザ免除プログラム対象国の国民が、 ビザを取得しなくても90日以内の観光または商用目的の ためにアメリカへ渡航することが可能なプログラム

    ESTA申請を開始
    Electronic System for Travel Authorization

電子渡航認証(ESTA) とは?

ビザ免除でのアメリカ渡航にはESTAの申請は必須です。
日本は米国のビザ免除プログラム(VWP)に参加しています。このビザ免除プラグラムに基づき、2009年1月12日より、 日本国籍の方でハワイ・アメリカに「90日以内の短期滞在目的で渡航する方」、もしくは「アメリカ経由で他国に渡航する方」は、ビザの取得が免除されました。観光などでアメリカへ旅行される方はESTAが必須です。
申請条件は下記となります。

  • 「ビザ免除プログラム対象国」国籍の方 ※日本は対象国
  • 米国での滞在期間が90日以下の場合
  • 米国渡航目的が、観光、商用、もしくは通過
  • 有効なICパスポートの所有
  • 往復または次の目的地までの航空券・乗船券の所持
各種注意補足事項・ESTA詳細情報とサービス概要を全て読み、上記項目対象者の方は同意の上、以下の申請ボタンから申請を開始して下さい。
今すぐESTAの申請を開始する

ESTAを管理する米国国土安全保障省(DHS)は、申請を渡米72時間前までに行うことを勧めています。
そのため、ESTAは米国への渡航予定が決まり次第、すぐに申請することが推奨されています。
申請結果は通常すぐに分かりますが、結果が保留(審査中)となる場合もあり、 このESTA審査保留時間が最大72時間となるためです。
ESTA VISIT USAはESTAの申請処理及び管理サービスの費用7,400円には米国国土安全保障省により定められているUS$14.00の旅行促進法の費用が含まれています。ESTA VISIT USAは申請処理及び申請結果メール発送など付加価値の付けたサービスの提供しております。 ※渡米目的が、長期滞在、就労、留学等の方(例:米国への渡航目的が長期留学であり、90日間以上の滞在を予定している方)はビザ免除プログラムを 利用できません。

ESTA申請の流れとエスタ詳細情報

ESTA申請の流れ
申請ステップ1.申し込みフォーム上へ必要事項を記入前にESTA申請に関しての利用規定よく読み、クレジットカードによる手数料決済を行って下さい。 クレジットカード番号情報はすべて暗号化処理され安全に送信されます。
申請ステップ2.ESTAのお申込内容に不備がない場合、当サイトにて米国 Customs and Border Protectionデータベースへの登録処理代行を開始。専門申請処理スタッフにより最短当日には処理を完了致します。(審査保留となる場合はESTAの規定審査時間は72時間以内となります。)
申請ステップ3.U.S. Customs and Border Protectionからのエスタ(電子渡航認証)申請受理され渡航許可がでれば渡航可能状態です。申請者様へeメールにてESTA申込み控えをお送りいたします。
※ESTAの申請はCBP公式サイトで行った場合米国14USドルとなります。
各種注意補足事項・ESTA詳細情報とサービス概要を全て読み、同意の方は以下の申請ボタンから申請を開始して下さい。
今すぐESTAの申請を開始する

質問に間違いがあったらESTA承認保留及びESTA承認拒否になる可能性がありますのでご注意下さい。
実際のパスポート情報と申請のESTA情報に差異がある場合、航空会社によりチェックイン拒否を受ける可能性があります。
必ず申請の際にパスポート情報とESTA申請情報が一致しているかをご確認の上申請下さい。
万が一入力ミスや確認ミスなど実際のパスポート情報と差異が生じている場合、ESTAはパスポート情報の一切の変更処理が行えないため、新たに申請・審査費用を払い再度申請が必須となります。

補足事項・利用規約

最終的な入国判断はESTAとは別途入国地にて税関国境警備局審査官による入国審査があります。 ESTA申請の結果、拒否となる場合もありこの場合は米国大使館にてビザの申請が必要。 拒否の場合でも、返金の対応はいたしかねます。予めご了承ください。 当サイトは民間のサービスを提供しております。基本的に72時間以内に申請結果を通知。ESTAは72時間以内に結果出るものと米国合衆国が定めており、渡航当日の申請依頼について責任の一切を負う事ができません。ESTA申請は米国国土安全保障省(DHS)の公式サイトに14米ドルにてご自身で行うこともできます。 申請代行後のキャンセルはサービスの性質上お受けできません。 CBP上でご自身で申請を行った場合でも50%のキャンセル料が発生致します。公式サイト上で自身の申請をした場合でも事前連絡がない場合・ストップが間に合わない場合は作業が進められているため、ESTA VISIT USAが渡航申請番号取得時点で如何なるキャンセルも受付できません。 入力内容に確認ミス・不備・間違い、その他米国合衆国側での決定などで米国渡航に支障が生じた場合も当サイトは一切の責任を負いません。